肉割れや妊娠線への対策

肉割れや妊娠線ができる原因は、急に太ったり、血流が悪くなった際に出来やすくなります。
冷えが原因になったりもするのも特徴の一つです。
肉割れ専用のクリームなども売られていますが、医学的には真皮層の断裂によるものとされています。
最近では血流ガス治療なども進んでいます。
レーザーの美顔器などを使って、治療をすることもできますが、薄い妊娠線などなら、レーザー美顔器の活用で治すこともできます。クリームの上から、ラジオ波を当てて治すこともできます。
最近では、ラジオ波を出力できる美容機器が家庭用でも販売されていますので、気になる部位のストレッチマークにつけることができます。
美容クリニックなどで治すことができるのが実情です。でも、わかれば家庭用の美容機器を活用して治すこともできます。通うのがちょっと恥ずかしい方や忙しい方も、自宅で手軽に治すことができます。
美容針のダーマローラーなども家庭用に売られています。
専門医に相談をすることで、治療をすることができますが、治療方法を比較することができます。
レーザーか、炭酸美容か、ラジオ波のいずれかで治すことができます。
ちなみに、ラジオ波は、肌の再生能力を高めるために充てます。そのまま直接ではなく、必ず皮膚にクリームやジェルを塗布してから行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報

    GiottoPress by Enrique Chavez