妊娠線や肉割れ線を消すクリーム

姉に妊娠線と肉割れって違うの?って聞いてみました。たいして大きな違いはないらしいですが、できる場所と症状に違いがあるらしいです。

妊娠線は妊娠してお腹が大きくなればお腹に茶色で紫っぽい筋が入るのが妊娠線で、肉割れは急激に太ってしまいお尻や二の腕、ふくらはぎに肉割れ線が入ることらしいのです。どちらも筋ができる原因は同じらしくて皮膚の細胞が壊れてしまうことでできるらしいです。

クリームの使い方にも、妊娠線や肉割れ線を消したい人用、ダイエット中に使うと効果的なクリーム、予防用に使うクリームがあるらしいです。できてしまった妊娠線や肉割れ線を消すにはとても困難なことで、専用のクリームを肌に塗って肌を整えるようにするのか、手術をするのかのどちらかの方法を取るしかないらしいです。

酷い妊娠線や肉割れ線の場合は手術するしかないでしょうね。ほとんどの専用クリームは、妊娠線、肉割れ線の予防用に作られているので、一度できてしまった線を薄くするのには効果があっても消す効果はないらしいです。

数は少ないですがもうすでにできてしまった妊娠線や肉割れ線を消すクリームが開発されたようですが、そのクリームは大人気商品になったそうです。

太ももの肉割れを消す人気クリーム

シワにいい化粧品

結局のところ、シワにいい化粧品はなりにくい化粧品ということになるでしょう。
大体、化粧品は肌に負担をかけないモノでないといけません。
というのも、肌に負担がかかると老化が進んでいくからです。

それにシワのできにくい肌になるためにはある程度のケアが必要です。
特に年齢を重ねるとそれが重要になってきます。

ハリのある肌や、潤いのある肌。
シワになりにくい肌を目指しましょう。

シワには沢山の種類があります。
例えば、乾燥で出来たシワです。
次にしわが太くてはっきりしているシワがたるみです。

肌のハリ・弾力の低下のせいで肌がたるんでいきます。
額や上まぶたのくぼみ、口の周りに溝のようなシワです。
ここまでくると深いシワはなかなか、改善しません。

次に表情シワです。
笑うだけでも目じりゃ口元に細かいシワができてしまうんです。

やはり、これらのシワ防止のためには毎日のお手入れが肝心です。
潤いのある肌になるために役にたちそうな化粧水。
ネットなどで口コミで好評を得ている化粧品があります。

さらにネットで沢山、紹介されているので是非、チェックしてみることです。
最近では、よりよい製品がお試し価格で利用できます。

ここで気になるのが美容液です。
角質層のすみずみまで潤い与えてくれる美容液が理想的です。

肉割れや妊娠線への対策

肉割れや妊娠線ができる原因は、急に太ったり、血流が悪くなった際に出来やすくなります。
冷えが原因になったりもするのも特徴の一つです。
肉割れ専用のクリームなども売られていますが、医学的には真皮層の断裂によるものとされています。
最近では血流ガス治療なども進んでいます。
レーザーの美顔器などを使って、治療をすることもできますが、薄い妊娠線などなら、レーザー美顔器の活用で治すこともできます。クリームの上から、ラジオ波を当てて治すこともできます。
最近では、ラジオ波を出力できる美容機器が家庭用でも販売されていますので、気になる部位のストレッチマークにつけることができます。
美容クリニックなどで治すことができるのが実情です。でも、わかれば家庭用の美容機器を活用して治すこともできます。通うのがちょっと恥ずかしい方や忙しい方も、自宅で手軽に治すことができます。
美容針のダーマローラーなども家庭用に売られています。
専門医に相談をすることで、治療をすることができますが、治療方法を比較することができます。
レーザーか、炭酸美容か、ラジオ波のいずれかで治すことができます。
ちなみに、ラジオ波は、肌の再生能力を高めるために充てます。そのまま直接ではなく、必ず皮膚にクリームやジェルを塗布してから行います。

股の黒ずみの原因

夏になると水着を着る女性も増える一方で
やはり露出度が高くなるため
体の色々な部分が気になり始める季節でもあります。

その1つに「股の黒ずみ」があります。

股の黒ずみは女性に多いと思われがちですが
実は男性にも多く
女性の方が水着などを着るため目立つだけなのです。

この股の黒ずみの原因は
洋服による摩擦の関係や肌の炎症によるものが多く挙げられます。

洋服の摩擦の原因は
男女共に共通するズボンや下着にあります。

動くたびに、股部分に洋服がスレることで
いわゆる股擦れが起きます。

股擦れにより肌に刺激が与えられ
肌の働きが活発化され
角質層を作ろうと動き出します。

この角質層こそが黒ずみの原因を生み出すのです。

角質層が、どんどん股に蓄積される事で
肌がくすみを持つようになり
更に、蓄積され続けて黒ずみとなってしまいます。

この場合だと、肌の刺激をなくすように
ピタッとしたタイトな洋服ではなく
ゆとりのある洋服を着用するようにして
肌の刺激を減らす事です。

もう1つ、肌の炎症による股の黒ずみの原因は
股部分の汗や石鹸による刺激を受け
痒みを伴ったり、かぶれが起きたりする事で
肌に色素沈着として残ります。

?きむしったりする事で
更に刺激を与えてしまい炎症が悪化して
黒ずみとなります。

分かりやすく言えばニキビ跡のようなもので
ニキビができると、気になり触ってしまう方も多いです。

しかし、治った後に黒い斑点が出来ている事があるかと思います。

それも色素沈着によるもので
股の部分も同じようなメカニズムです。

炎症を起こしたら
極力、肌に触れるのを避け
痒みが酷い場合は塗り薬で回避する事が
黒ずみができずに治ります。

デリケートゾーンの悩みにLCラブコスメの「ジャウム・ハーバルソープ」の石鹸がお勧め

デリケートゾーンの黒ずみに
LCラブコスメから販売されている
「ジャウム・ハーバルソープ」
がお勧めです。

インドネシアで美容に用いられる
植物の葉や種、実などを調合したハーブを
ジャウムと言いますが
LC会社がそれを基に日本人の肌に合うように配合した石鹸です。

LC会社ならではの製造法で
安心して使用できます。

ジャウムの他にも
美容で有名なアロエやカミツレ油など
天然の自然成分が約6種類も含まれています。

デリケートゾーンだからこそ
肌に優しい製品にこだわり
肌に刺激がある防腐剤や着色料など
約7種類の添加物を取り除いて作られています。

ジャウム・ハーバルソープは
黒ずみを徹底ケアしてくれる他に
嫌な臭いも改善してくれます。

石鹸は、思ったよりも小さく
1個約税込2047円で高価に感じますが
その代わり黒ずみへの効果は確実です。

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる方は
ご存知かと思いますが
ジャウム・ハーバルソープの口コミは
とても評価が高く
黒ずみが薄くなった
黒ずみが目立たなくなった
という声をよく見かけます。

そして、ジャウム・ハーバルソープは
肌に優しくできた石鹸なのでデリケートゾーンに限らず
全身に使えるので
これ1つでボディーを洗えるのも魅力です。

優しい泡立ちに肌が包まれ
数分置くことで、より効果が実感できるので
デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる方は
ぜひ試して改善して欲しいと思います。

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報

    GiottoPress by Enrique Chavez